スポンサーサイト

  • 2017.06.21 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    妊娠とお菓子やスイーツとの関係

    • 2017.05.20 Saturday
    • 12:31

     

    妊活にお菓子やスイーツは影響をあたえるのか

     

    ほとんどの女性は甘い物が大好きですが、ケーキ、クッキー、アイスクリームと言えるものはどれも脂質と糖質の塊です。カロリー的にも栄養成分価的にも血糖値の上昇といった点からも、妊娠を希望する人におすすめできるものとはなりません。甘いお菓子を口にすることが日常生活である女性もよくあり、直ちに控えることは困難だと言えるでしょう。お菓子は原則タブー!と言いたいところですが、そのことがストレスとなってしまっては、妊活にも悪影響をもたらしてしまうかもしれません。それゆえにおすすめのおやつとしてアドバイスしたいのが、ナッツ類。ナッツには、血をさらさらにするオメガ3といった不飽和脂肪酸や、血の流れを良好にしてくれるビタミンEが含有されています。「ナッツはお菓子じゃない」と言われそうですが、お菓子を全然口にしないよりはストレスもなくなり、栄養分も摂取でき、現実的に美味しいだろうと感じます。 

     

    また女性のみでなく男の人にもナッツ類はイチオシで、その中でも「クルミは精子の品質を良化する」というアメリカの研究結果も見られます。懐妊を目指すためには、おやつにはナッツ類を摂取するように配慮してほしいと考えています。おやつといえば、月経の前に食過ぎになったり、スイーツが強烈に口に入れたくなったりするという女の人も少なくありません。排卵から月経に亘るおよそ2週間は、食欲を増加する黄体ホルモンが排出されるからです。そういうわけで、「これはホルモンのためなんだよ」とご自身で意識を持っていれば、多少なりとも食欲をセーブできるでしょう。黄体ホルモンに影響を受けるのは、きっちりと排卵を行なっている裏付けでもあるので、月経の前に食べ過ぎに変わっても、卵巣機能に問題ないでしょう。余談ですがピルにも黄体ホルモンが入っているので、「ピルを服用したら肥満になる」と言われるのは、食欲が増加するということもファクターなのです。
     

    妊娠に大豆イソフラボンは効果ある?

    • 2017.05.19 Friday
    • 12:28

     

    妊娠と大豆イソフラボンの効果はどのくらい

     

    「大豆イソフラボンが女の人達の体にいい」というデータは、見聞きしたことのある方もたくさんいるだろうと考えます。その影響で、豆乳を呑んだり、納豆を口にしたりするよう配慮している方もいらっしやるのではないでしょうか。大豆イソフラボンのサプリメントや化粧品なども売り出されていて、ショップで見かける局面も多いはずです。実際、大豆に含有されているイソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)のような役割を果たします。エストロゲンは、子宮に影響し妊娠しやすい体をつくり、骨を頑強にし、弾力のある肌にする他、自律神経にも大きく関わっています。 

     

    老化と並行してエストロゲンの分泌量が少なくなり、皮膚の鈍化や更年期障害、骨粗しょう症などのトラブルが表れやすくなるので、更年期世代の女の人が「加齢対策のために大豆イソフラボンを摂取する」と思うのは本質的に問題ありません。 懐妊を希望する女の人にとっても、エストロゲンは不可欠ですが、大豆イソフラボンを取り過ぎてしまうのは、実質問題が生じます。脳が「エストロゲンがたくさんあるぞ」と判断すれば、排卵しなくなってしまう可能性も高いからです。脳の視床下部といった部分は、いつもエストロゲンの数値をモニターしています。月経が来るとエストロゲンはかなり低くなりますが、このときに視床下部が下垂体に向けて「卵巣を機能させて、エストロゲンを出すように」と指示します。けれど、大豆イソフラボンの摂り過ぎが原因となって「エストロゲンがたくさんある」と脳にある視床下部が確認すると、下垂体に命令が行われず、卵巣が働かないという事が生じるのです。そして排卵をしなくなると、もちろん、懐妊は不可能です。そういう理由で、「大豆イソフラボンでホルモンバランスを調節して懐妊しやすい体をつくろう」と認識し、朝食に納豆、豆腐、豆乳を摂り、昼も夜もなるべく大豆食品を口にするといった極度の食事内容はダメなのです。大豆イソフラボンの取り過ぎで排卵し無くなったり、排卵が遅れててしまうなどしては本末転倒です。

     

    また、近頃では、日本国民の2人に1人が大豆イソフラボンのメリットをしっかり手に入れていないという数値も公表されているようです。イソフラボンを摂り入れると、腸内細菌がエクオールという物体をつくり、このエクオールが女性ホルモンと同じ様な効果を及ぼしてくれます。ですが、このエクオールはすべての方がつくれるわけでなく、日本国民に関しては約50%の人がつくれていないという結果も見られています。そのようなときには、エクオールをサプリでとることもできます。それが小林製薬のエクオールです。このサプリならしっかりエクオールを摂取できます。エクオールは更年期にも効果があるので、そちらで悩んでいる方にもおすすめです。